インヴァスト証券

インヴァスト証券のメリット
ここでは、インヴァスト証券のメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

簡単にFX自動売買ができる
トライオートFXとマイメイトという、2つの自動売買システムをインヴァスト証券で使えます。

選択するだけで自動売買を始められるので、初心者でも簡単に自動売買できます。

裁量トレードに比べて手間がかからず、自分の感情に流されずにFXの取引を行えます。

一度自動売買をスタートさせれば、寝ている間も取引は自動で行ってくれます。

あわせて読みたい

【徹底比較】FX自動売買とは?おすすめツールをランキング形式で紹介!実績付き
FX自動売買をやってみたいけれど、どのツールを使ったら良いのかで悩んでいる人もいるでしょう。 FX自動売買ツールはたくさんあり、それぞれが独自性を持っているので選…
利益率が非常に高い

インヴァスト証券の自動売買は、利益率が高いです。

トライオートFXでもマイメイトでも、年間利益率20%以上も狙えます。

裁量トレードでは出しにくい収益率も、自動売買なら出すことも可能です。

高い利益率の自動売買システムが多いので、インヴァスト証券ならば小額の証拠金でも多くの利益を獲得できます。

自動売買をカスタマイズできる
インヴァスト証券の自動売買は、自分でカスタマイズもできます。

注文数、利確の幅、損切り設定など、自分で設定して自動売買を行えます。

自分の考えたロジックで自動売買をスタートさせられるので、FXの戦略ができてきた人におすすめです。

一度作った自動売買のロジックは、シミュレーションできます。

そのために、事前にシミュレーションで試して、自動売買の成績を見て、実践で使うか決められます。

取引手数料が安い
取引手数料が安いので、利益を出しやすいです。

例えば、トライオートFXの手数料は以下のようになっています。

取引数量 1000通貨あたりの手数料
1万通貨未満 片道20円
1万通貨以上10万通貨未満 片道10円
10万通貨以上50万通貨未満 片道5円
50万通貨以上 無料
FX業者によっては、片道200円の手数料が発生するところもあるので、インヴァスト証券の手数料は比較的安いと言えるでしょう。

スプレッドも狭くなっているので、コストを抑えてFXの取引を行えます。

スマホアプリに対応

インヴァスト証券の取引ツールは、パソコンのみならず、スマホにも対応です。

iPhoneAndroidのどちらでも取引できます。

自宅以外でも、外出先にいてもFXの取引を行うことができ、いつでも売買の成績を確認できます。

もちろん、スマホを使ってもトライオートFXやマイメイトで自動売買を行えます。

スマホならば、時間の開いた隙間での売買や成績の確認ができ便利です。

キャンペーンが豊富
インヴァスト証券はキャンペーンが豊富であり、常に何かキャンペーンを行っています。

例えば以下のようなキャンペーンがあります。

キャンペーン内容
新規口座キャンペーン最大50,000円キャッシュバック
ポンド/円取引キャッシュバック
ストラテジーリリース最大20,000円プレゼント
それぞれのキャンペーンは開催期間があるので、開催期間中に条件該当となるユーザーはキャンペーンが適用されます。

キャンペーンを使えば、お得にFXの取引ができるでしょう。

インヴァスト証券のデメリット
インヴァスト証券はメリットの他にも、デメリットや短所もあります。

取引手数料が発生する
トライオートFXなど、インヴァスト証券の一部の取引システムでは、スプレッドの他に取引手数料が発生します。

トレーダーの取引コストが多くなるので、デメリットです。

裁量トレードを行うよりも、取引コストは多くなります。

例えば、トライオートFXだと1万通貨未満取引では、片道20円の手数料です。

5,000通貨取引するとなれば、片道100円、往復200円の手数料が発生します。

トレーダーによっては、手数料は負担と感じるでしょう。

裁量トレード向けではない
インヴァスト証券は、トライオートFXやマイメイトなどの、自動売買をメインにしています。

裁量トレードを行えるようにもなっていますが、裁量トレードは行いにくいです。

インヴァスト証券の取引システムは、裁量トレードをメインに売買するならば、中途半端な環境です。

裁量トレードをメインにするならば、MT4やMT5などが使えるFX業者を使った方が良いでしょう。

セントラル短資FX

セントラル短資FXのメリット
ここではセントラル短資FXのメリットについて説明します。

セントラル短資FXがなぜ人気なのか詳しく見ていきましょう。

ドル円のスプレッドが業界最狭水準

セントラル短資FXは米ドル/円やユーロ/円など人気のメジャー通貨ペアのスプレットを業界最狹水準で提供しています。

日本で最も取引量が多いとされる米ドル/円のスプレットを0.1銭に設定しており、他のFX会社と比較しても安いです。

FX会社 米ドル/円のスプレット
セントラル短資FX 0.1銭(原則固定)
YJFX! 0.2銭
GMOクリック証券 0.2銭(原則固定)
DMM FX 0.2銭
ヒロセ通商 0.2銭
実際に表を見て分かる通り、セントラル短資FXの米ドル/円のスプレットは業界最狹水準です。

時間帯や条件が合えばスプレットが0.1銭になるFX会社もありましたが、セントラル短資FXはキャンペーンなどに関係なく、0.1銭のスプレットになっています。

取引手数料であるスプレットが低いということは、それだけユーザーに有利に働きますので大切です。

そして日本での取引量が多い米ドル/円のスプレットが低いということは多くのユーザーにとって有利ということです。

セントラル短資FXでは中長期投資に人気の高金利通貨ペアを豊富に取り揃えています。

特にトルコリラ/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円が人気です。

実際にどれくらいのスワップポイントが付いたのか、そして1年間運用した場合どのくらいスワップポイントがもらえるのかを表にまとめます。

通貨ペア 2021年5月の1日平均実績(10万通貨あたりの買スワップ) 1年間運用した場合のスワップポイント(10万通貨)
トルコリラ/円 100円 約26,400円
南アフリカランド/円 63円 約16,632円
メキシコペソ/円 61円 約16,104円
上記表のように新興国通貨に対して高いスワップポイントをつけています。

これからもしばらく日本の低金利政策は続いていきますので、中長期でスワップポイントを狙いたい方にはおすすめです。

スマホアプリがリニューアル
セントラル短資FXのスマートフォンアプリがより高性能にリニューアルしました。

短期売買に便利なスピード注文では全て1タップで発注でき、注文時の新規、決済を自動選択できます。

通貨ペアごとに注文パターンを設定ができる上、建玉と損益の把握が一目でできる画面設定です。

他にもウィジェットで最新の相場をチェックできたり、業界初の取引成績をカレンダー形式で表示できたりと、便利な機能が満載です。

自動売買が利用できる
セントラル短資FXではセントラルミラートレーダーという自動売買が利用できます。

世界中から集められた数100種類のストラテジ(あらかじめ決められた売買ルールにしたがって売買を繰り返すプログラム)を選ぶだけで24時間自動売買取引が可能になります。

世界で初となるマルチデバイス対応や、1週間のポートフォリオ成績がメール配信される独自のサービスを活かして成績の良いストラテジに入れ替えを行えるなど、効率よく運用管理ができます。

一時期の自動売買が流行していた頃に比べると、ミラートレードを採用するFX会社が減っている中、ミラートレードが使用できる貴重なFX会社です。

取引画面もシンプルで使いやすく、マルチデバイスに対応しているので、スマートフォンタブレットから気軽に取引できるようになっており、こちらも魅力の1つです。

あわせて読みたい

【徹底比較】FX自動売買とは?おすすめツールをランキング形式で紹介!実績付き
FX自動売買をやってみたいけれど、どのツールを使ったら良いのかで悩んでいる人もいるでしょう。 FX自動売買ツールはたくさんあり、それぞれが独自性を持っているので選…
豊富な経済ニュース
セントラル短資FXは口座開設者限定のサービスとしてFXライブ!というものを提供しています。

FXライブ!では各国の経済指標やマーケットの最新情報、テクニカルに基づいたレポートやコラムなどのマーケットニュースを1日に約200~から300本は維新しています。

またFacebookTwitterでも随時情報を発信しています。

配信会社を絞ったり、ニュースの検索機能もありますので、豊富な情報を効率よく得ることができます。

さらに、マーケットビューというコンテンツでは、様々な経済のプロが日替わりでマーケットの解説を動画で配信しています。

セントラル短資FXのデメリット
ここからはセントラル短資FXのデメリットについて見ていきます。

セントラル短資FXにおいては以下のことに十分に気をつけてください

セントラル短資FXのデメリット
自動売買のストラテジが多すぎてわかりにくい
新興国通貨以外のスワップポイントは低い
自動売買のストラテジが多すぎてわかりにくい
セントラル短資FXの自動売買ミラートレーダーは数100種類あるストラテジから選ぶだけで自動売買の運用ができることが魅力です。

しかし、この数100種類の中から自分に合ったストラテジを選ぶことは初心者には少し難しいです。

また、画面上に表示される情報量も多いので、逆に混乱してしまうという懸念もあります。

自動売買の運用にはある程度の知識が必要になりますので、初心者の方にはまず勉強が必要です。

新興国通貨以外のスワップポイントは低い
セントラル短資FXは新興国通貨のスワップポイントは高いですが、米ドル/円などのスワップポイントは他社とと比べて見劣りする傾向にあります。

トルコリラなどの高金利国通貨のスワップポイントは高いので、スワップポイントを狙った運用ではこれらの通貨を選びましょう。

主要国通貨でスキャルピングデイトレードなどの短期取引を行う場合はさほど影響はありませんが、スワップポイントを狙った資産運用を行う場合は注意が必要です。

FXプライム

FXプライムbyGMOのメリット・長所

FXプライムbyGMOには以下のようなメリットがあります。

・約定力が高く取引チャンスを逃さない
スキャルピング取引が公認されている
・取引ツールが豊富で使いやすい
・キャンペーンが充実しており豪華

親会社のGMOクリック証券とは異なるメリットも豊富です。

具体的に見ていきましょう。

プロトレーダーも認める約定力

FXプライムbyGMOは、プロトレーダーも認める高い約定力を誇ります。

約定力とは?!
エントリー時の注文が早く、約定拒否の発生しないことを約定力が高いと表現します。
約定力が低いとタイムラグにより希望価格で注文できないことや、約定拒否による取引チャンスを逃すといったデメリットがあります。

システム管理やセキュリティ対策の向上に努めていることから、強固なサーバーで取引できることが強みです。

約定時の滑りが発生すると希望価格で約定されません。

スプレッド幅と合わせて取引が不利になってしまいます。

FXプライムGMOで取引すると、エントリーからタイムラグがなくサクサクと約定されます。

約定力が高いため、短期売買取引では特に有利です。

スキャルピングを公認

FXプライムbyGMOがスキャルピングを公認しています。

スキャルピングとは?!
注文後、数秒~十数分の間に決済を行う取引手法。
1度の取引で大きな値幅は見込めませんが、1日に何度も取引をすることで利益を積み上げていきます。

スキャルピングは顧客による大量の注文が飛び交うため、強固なサーバーが必要となります。

サーバーへのアクセスが集中して重くなることから、FX会社よっては禁止している会社が多いのです。

FXプライムbyGMOは強固なサーバーを管理していることから、スキャルピングが問題なく行えます。

高い約定力により一瞬の取引チャンスを逃さないことは、スキャルピングに最も重要な要素といってもいいでしょう。

短期売買のため1度の取引で大きな値幅を狙う手法ではありませんが、その分大きな損失を出す可能性も少ないです。

リスクを抑えた手法ともいえます。

豊富な取引ツール

FXプライムbyGMOでは豊富な取引ツールが使えます。

PRIMEアプリSはスマートフォンやタブレッドで利用できるアプリです。

外出先で利用するのに最適なツールとなっています。

全てのツールが高機能であり、操作性も簡単なので初心者の方でもすぐに使いこなせます。

また、相場分析に必要な分析ツールが豊富であることも魅力です。

様々な分析手法に対応できるため、手法が定まっている中級者~上級者からの評価も高い傾向にあります。

充実のキャンペーン

FXプライムbyGMOは充実したキャンペーンを実施しています。

・ドル/円キャッシュバックキャンペーン
・『選べる外貨』4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを開始!

以上は、2021年8月時点で開催中のキャンペーンです。

ドル/円キャッシュバックキャンペーン

ドル/円の新規取引数量に応じてキャッシュバックされます。

キャッシュバックの上限額は10万円と高額です。

『選べる外貨』4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを開始!

「選べる外貨」のうちポンド/円、ポンド/ドル、豪ドル/円、豪ドル/ドルのスプレッドが縮小されます。

2021年8月2日(月)営業日〜2021年10月29日(金)営業日まで開催しおり、時間は午前8時〜翌日午前4時までの20時間です。
ボーナス制度は時期によってキャンペーン内容が異なりますが、常時豊富なキャンペーンを開催しています。

FXプライムbyGMOのデメリット・短所

FXプライムbyGMOには以下のようなデメリットがあります。

・スプレッドが狭くない
ロスカットに手数料が発生する
・少額取引に手数料が発生する

具体的なデメリットを見ていきましょう。

スプレッドが狭くない

FXプライムbyGMOは、スプレッドがそれほど狭くありません。

極端に広いというわけではありませんが、業界最狭水準のスプレッドを提供している会社と比べると劣ります。

例えばドル円で見ると0.2pips前後のスプレッドで取引できる会社が多いのに対して、FXプライムbyGMOは0.3銭※1shot 50万ドル以下の場合となっています。(原則固定※例外あり)

約定力の高さから滑りが発生しにくいのは魅力ですが、実質の取引コストは多少かかると覚えておきましょう。

特にスキャルピングでは取引結果に大きな影響を与えるので、値動きの激しい時間を狙うなど工夫することが重要です。

ロスカットに手数料が発生する

FXプライムbyGMOでは、ロスカット時に手数料が発生するというルールがあります。

ロスカットとは?!
相場がエントリー方向と逆に動いた際に、FX会社によって強制的に決済される制度。
各社の定める証拠金維持率に応じて決済が行われます。
顧客の損失を最小限に抑えるための措置です。

FXプライムbyGMOのロスカット水準は、証拠金維持率が80%を下回った場合です。

南アフリカランド/円、メキシコペソ/円の場合は1通貨あたり0.5銭、その他の通貨は1通貨あたり5銭が手数料として発生します。

基本的には高い証拠金維持率で取引を行い、ロスカットに合わないことが重要となります。

自らの定めたルールで損切りの決済をしましょう。

少額取引に手数料が発生する

FXプライムbyGMOでは1000通貨からの少額取引が可能です。

しかし、1万通貨未満の取引では手数料が発生します。

手数料は1通貨あたり3銭です。

つまり1000通貨の取引になると、30円の手数料が発生する仕組みです。

たったの30円と思うかもしれませんが、取引回数を重ねると自身が取引で得た利益を大きく減らしてしまう可能性があります。

また、1000通貨の取引では高額な利益が見込めないので、30円という金額でも大きいと考えておきましょう。

スキャルピングで1日に何度も取引をしたい方は、1万通貨からの取引がおすすめです。

\ 今だけ口座開設&1取引で2千円もらえる/

ヒロセ通商

ヒロセ通商のメリット

ここからはヒロセ通商のメリットについて説明していきます。

2年連続でオリコン顧客満足度ランキング第1位の要因を探っていきましょう。

ヒロセ通商のメリット
通貨ペア数が豊富
トレードツールが豊富
スプレッドが広がりにくい
スキャルピングが可能
ユニークな注文方法が利用可能
通貨ペア数が豊富

通貨ペア
ヒロセ通商はメジャー通貨ペアからマイナーな通貨ペアまで50種類の通貨ペアを揃えています。

通貨ペア
金利で人気のトルコリラ、メキシコペソ、南アランドはもちろんのこと、香港ドル、ズロチ、フォリントといった他社では取り扱いが少ないマイナー通貨まで取り揃えています。

金利通貨ペアのスワップポイント
メキシコペソ/円:80円

南アフリカランド/円:100円

トルコリラ/円:46円

※ 2021年6月15日の実績。メキシコペソ/円は10Lot(100,000通貨)、南アランド/円は100Lot(100,000通貨)、トルコリラ/円は10Lot(10,000通貨)のスワップポイントになります。
このおかげで他社ではできない新興国通貨のボラティリティを狙った取引や高金利を生かした取引が可能になります。

後述しますが、どの通貨ペアもスプレットが狭く有利に取引を行えます。

あわせて読みたい

【8月最新】スワップポイント比較2021年版!おすすめ業者&通貨ペアは?
トレードツールが豊富

ヒロセ通商はトレードツールを豊富に揃えており、使いやすさも評判です。

その実力が認められ、2021年オリコン顧客満足度ランキングFX取引分析ツール第1位に輝くという実績を残しました。

用途によってシステム環境を使い分けることができ、使い勝手が抜群に優れています。

さきよみLIONチャートは自動でテクニカル分析を行い、すぐに相場のトレンドが分かる「シグナルパネル」と過去のデータから未来の値動きを予想する「さきよみチャート」で簡単に初心者でも売買のタイミングを知ることができるツールです。

シグナル機能、計測ツール、トレンドライン機能、経済指標の表示、比較チャート機能など豊富な高機能を搭載したチャートがLIONチャートPlusです。

これまで行った取引の情報を自動で分析して分かりやすくグラフで表示してくれるツールです。

LION分析ノートは、売買別の損益や銘柄別の比率などを簡単に分かりやすく確認することができます。

あわせて読みたい

【厳選】FXチャートのおすすめ徹底比較!PC・アプリ版それぞれ紹介
スプレッドが広がりにくい

ヒロセ通商はスプレットの広がりにくさにも拘っています。

ヒロセ通商のスプレッド詳細(一部)
USD/JPY 0.2銭
EUR/USD 0.3pips
AUD/JPY 0.6銭
NZD/JPY 0.8銭
AUD/USD 0.4pips
ヒロセ通商では23行のカバー先銀行から提供されたレートから最も適した買値、売値を採用し配信しています。

また、カバー先の銀行が多いということは、流動性を確保できより透明性があるレートを提供することができます。

あわせて読みたい

FXのスプレッドを徹底比較!各通貨の取引コストや計算方法まで網羅
スキャルピングが可能

通常のFX会社ではほとんどの場合、スキャルピングを禁止しているところが大半です。

理由としては過度なスキャルピングは取引サーバーに負担をかけ、ダウンしてしまう可能性があるためです。

ではなぜ、ヒロセ通商ではスキャルピングを認められているかというと、それはサーバーに違いがあります。

ヒロセ通商では、過度なスキャルピングがなされてもそれに耐えれる強靭なサーバーを使っているからです。

また、このサーバーの凄さはダウンしにくい強さだけではありません。

約定スピードも早く、最速0.001秒の約定力も兼ね揃えています。

この約定力の優秀さもスキャルピングには有利に働きます。

あわせて読みたい

【手法解説】FXのスキャルピングとは?おすすめ口座/業者も紹介
ユニークな注文方法が利用可能

ヒロセ通商では成行注文、指値、額指値注文といった普通の注文方法から、1回の操作で保有している買いのポジションを決済し、反対の売りポジションを持てるドテン注文というユニークな注文方法があります。

この他にも様々様々な注文方法があり、トレードスタイルや、状況によって使い分ける事が可能です。

下記に注文方法の一部をまとめました。

注文方法 内容
成行注文 レートや時間を指定せず今の水準で売買することができる。
指値注文 レートを指定して売買することができる。
指値注文 レートを指定し、指定レートを超えると成行注文を発注される。
OCO注文 指値・逆指値をセットで発注しどちらかが約定すると残りの注文はキャンセルされる。
IF-DONE注文 新規注文と決済注文をセットで出すことができる。
IF-OCO注文 IF-DONE注文+OCOの合体注文。
ストリーミング注文 現在のレートを指定した売買ができる。
時間指定成行注文 指定した時間に成行注文ができる。
ワンクリック注文 1回のクリックで注文できる。
クイック注文 新規の売買、ポジションの管理、決済が1画面でできる。
一括決済注文 同一通貨ペアの複数のポジションを成行、指値、逆指値でまとめて決済することができる。
全決済注文 通貨ペアに限らず保有しているポジションを全部一度に決済できる。
pips差決済注文 予めpips差を設定しておくと、新規注文発注時に自動的に決済注文を登録することができる。
一括注文 複数の通貨ペアの成行注文を同時に発注することができる。
BID判定買(ASK判定売)逆指値注文 BID判定買逆指値はBIDレートが指定レートを超えた場合に買成行注文が、ASK判定売逆指値はASKレートが指定レートを超えた場合に売成行注文が発注される。
他通貨トリガー注文 「Aの通貨ペアが○○円になったら、Bの通貨ペアで成行注文を発注する。」というように、ある通貨ペアの値動きを条件に異なる通貨ペアの成行注文を発注することができる。

ヒロセ通商のデメリット

ここまでの内容でヒロセ通商のメリットについてはご理解いただけたと思います。

ここからはヒロセ通商のデメリットについて説明していきます。

FX会社を選ぶ際、デメリットの把握も大切ですのでご参考にしてください。

ヒロセ通商のデメリット
知名度があまりない
FX以外取引不可
情報配信量が少ない
知名度があまりない

ヒロセ通商はここ数年、オリコン顧客満足度ランキングで第1位に輝くなどFX会社として徐々に知名度を上げてきていますが、大企業の傘下にある大手他社と比べて一般的な知名度はまだまだ低いです。

しかし、前述の通りサービスの内容や他社にはない特徴的なキャンペーンで着実に口座開設数を伸ばしています。

今後もさらに実績を重ねることで知名度は上がってくるでしょう。

FX以外取引不可

ヒロセ通商はFXに特化したFX専門会社です。

そのため、大手他社のように株式や投資信託などの取り扱いがなくFX以外の取引をすることはできません。

しかし、FXのみの取り扱いということでFXに特化したサービスを追求することができ、大手他社との差別化を図ることに成功しています。

FX会社としての実績は申し分ないので、FXの取引専用の口座としてヒロセ通商を利用するユーザーは多いです。

情報配信量が少ない

ヒロセ通商では大手他社などが行なっている顧客注文情報、顧客ポジション比率を開示しておりません。

このため、出来高を意識した取引には向いていないです。

他のニュース配信であったり、初心者向けのコラム、オンラインセミナーなどは充実しており情報収集に困ることはありません。

とくにニュースの取り扱いは4社からとなっており、幅広い情報を得ることができます。

デメリットの紹介は以上になりますが、ヒロセ通商はFX取引にとって非常におすすめできるメリットが沢山あるので是非この機会に口座開設してみましょう。

YJFX

YJFX!のメリット

YJFX!の主な7つのメリットについて説明していきます。

主なメリットは以下の通りです。

スプレッドが小さい
スマホ取引に対応
1000通貨から取引できる
スキャルピングができる
MT4が使える
取引ごとにPayPayがもらえる
ヤフーグループが運営していて安全・安心
それでは、YJFX!の特徴についてみていきましょう。

スプレッドが小さい

YJFX!のスプレッドは非常に狭い点で人気が高いです。

日本のFXトレーダーに最も人気のある米ドル/円のスプレッドは驚異の0.2銭です。

これは業界最狭レベルの水準になっています。

また米ドル/円のスプレッドだけでなく、そのほかの通貨ペアのスプレッドも他社対比狭い水準となっています。

通貨ペア スプレッド※原則固定
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.4ポイント
豪ドル/円 0.7銭
NZドル/円 1.2銭
英ポンド/円 1.0銭
スイスフラン/円 1.8銭
カナダドル/円 1.7銭
英ポンド/米ドル 1.0ポイント
英ポンド/豪ドル 1.5ポイント
南アフリカランド/円 1.3銭
メキシコペソ/円 0.4銭
豪ドル/米ドル 0.9ポイント
NZドル/米ドル 1.6ポイント
人民元(CNH)/円 3.0銭
香港ドル/円 3.0銭
ユーロ/英ポンド 1.0ポイント
ユーロ/豪ドル 1.5ポイント
米ドル/スイスフラン 1.6ポイント
ユーロ/スイスフラン 1.8ポイント
英ポンド/スイスフラン 2.8ポイント
豪ドル/スイスフラン 3.0ポイント
カナダドル/スイスフラン 3.0ポイント
どの通貨ペアもかなり低めにスプレッドが設定されています。

特に、ドル円やユーロ円などの主要通貨は業界トップクラスで、短期トレードをする方を中心に人気が高いです。

FXで勝つためにはスプレッドは非常に重要です。

狭いスプレッドで取引をすることができればそれだけ余計なコストをかけずにトレーダーすることができるからです。

YJFX!のスプレッドは間違いなくおすすめできる水準になっています。

FX会社のスプレッドについて比較した記事もありますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

スマホ取引に対応

スマホはもはや日常生活に欠かせないものになっており常にスマホを持っている方がほとんどでしょう。

スマホでの取引であれば、常に取引状況を確認することができますし、簡単に取引することもできます。

YJFX!は、親会社が日本最大のポータルサイトを運営しているヤフーによる会社であることもあり、FXのスマホアプリも非常に充実しています。

業界最高峰のスマホアプリで運用することができることは、YJFX!の大きなメリットだと言えるでしょう。

1000通貨から取引できる

YJFX!では、1000通貨から取引することができます。

他のFX会社の場合、10,000通貨からの取引になっていることもあるので、1000通貨から取引することができることは、YJFX!の大きなメリットといえます。

特に、FX初心者の方にとっても大きなメリットであると言えるでしょう。

FX初心者にとって、10,000通貨という取引量をいきなり扱うことは大きなリスクとなります。

例えば、ドル円を取引する場合は最低でも約40,000円ほどの資金が必要となり、その資金に応じたリスクを背負うことになります。

一方、1000通貨単位で取引ができるFX会社では、約4000円の元手でFXを始めることが可能です。

まずは少額から始めて取引に慣れていくことができるので、安心してFXを始めることができると言えます。

スキャルピングができる

スキャルピングとは、何度も取引をして少ない利益を何度も取っていく取引手法になります。

FXにはたくさんのトレード手法がありますが、スキャルピングは最も利益が出しやすい取引手法であるといわれています。

スキャルピングは最も利益が出しやすいトレード手法ではありますが、1つ大きな問題があります。

それはスキャルピングを禁止しているFX会社が多いことです。

なぜ多くのFX会社がスキャルピングを禁止しているかというと、スキャルピングは1日何十回・何百回と取引をすることになるのでFX会社のサーバーへの負担が大きいためです。

サーバーが脆弱なFX会社の場合、多くのトレーダーがスキャルピングをしてしまうと、サーバーがダウンしてしまう可能性があります。

サーバーがダウンしてしまったらすべてのFXトレーダーに迷惑をかけることになり、また信頼を取り戻すことは難しいでしょう。

そのため多くのFX会社ではスキャルピングを禁止しているのです。

その点、YJFX!は親会社がヤフーということもあり、強固なサーバーを持っています。

しかも、YJFX!のスプレッドは業界最狭値水準なのでスキャルピングと極めて相性がいいです。

スキャルピングは、1日で何十回・何百回と取引する取引手法になるので、1回当たりのスプレッドの負担は小さくても何度も取引することによってスプレッドの負担が重くなってきます。

業界最狭値水準のスプレッドでスキャルピングができることはYJFX!の大きなメリットですね。

スキャルピングをしたい方にも、YJFX!はおすすめできるFX会社となっています。

また、スキャルピングにおすすめの口座を紹介した記事もありますので、興味がある方は是非確認してみてください。

\ 今だけ大感謝祭キャンペーン開催/

YJFX!のデメリット

YJFX!は、基本的に大きなデメリットとなるところはありませんが、以下の点が気になる方には向いていないでしょう。

YJFX!のデメリット
スワップポイントが低め
自動売買はできない
YJFX!はスワップポイントが決して高くないので、長期トレードをしてスワップポイントを稼ぎたい方にはあまり向いていません。

また、自動売買の運用はできず、自分で取引をする裁量取引しか行うことができません。

自動売買の運用をしたい方は、自動売買サービスがある「インヴァスト証券」などを利用するようにしましょう。

あわせて読みたい

【8月最新】スワップポイント比較2021年版!おすすめ業者&通貨ペアは?
あわせて読みたい

【徹底比較】FX自動売買とは?おすすめツールをランキング形式で紹介!実績付き
YJFX!の評判・口コミ

InvestNaviでは独自のアンケートで、YJFX!に関する口コミを調査しました。

取引ツールや、スプレッドなどのサービスのスペック、キャンペーンに関する良い口コミが多く集まりました。

スプレッドの狭さ自体は特別秀でているわけではないけど取引を続ければ続けるほどPayPayか現金の還元が受けられるのは嬉しいポイントだと思います。デモ口座を何回でも使うことができるのでFXの取引の勘をつかむのにはもってこいのFX業者。初心者には利用しやすいFX業者だと思う。
クリス 男性 40代
通貨ペアを1,000通貨単位から取引出来ますし、比較的少額からの取引出来るので手を出しやすいと思います。また、FX取引するだけでPayPayボーナスか現金が貰えまるのでお得感もありますし、低レバレッジコースもあり使いやすいです。
りゅう 男性 30代
やはり、少額から取引できる点や、取引するたびにPayPayを受け取ることができる点が大きな魅力であることが分かります。

ツールも高性能で使いやすく、初心者から上級者まで使えるFX会社ということができるでしょう。

まだ口座をお持ちでないという方は、是非この機会にYJFX!で口座開設を行ってみてください。

\ 今だけ大感謝祭キャンペーン開催/

MATSUI FX

松井証券のFX(MATSUI FX)のメリット
1通貨から取引できる
スプレッドが業界最狭水準※の通貨ペアもある
レバレッジの倍率を自由に選べる
11通貨から取引できる

松井証券のFX(MATSUI FX)では、1通貨から取引できます。例えば1ドル=125円のときに、米ドルを購入するとしましょう。その場合、松井証券のFX(MATSUI FX)の最大レバレッジを利用して125÷25=5円から取引できるのです。

一般的なFX口座では、1,000〜1万通貨程度での取引になります。
しかし松井証券のFX(MATSUI FX)では1通貨からの取引なので、圧倒的に少額からFXを楽しめるでしょう。損失リスクも少なく、FXの練習にも適しています。
2スプレッドが業界最狭水準※の通貨ペアもある

松井証券のFX(MATSUI FX)は、スプレッドが業界最狭水準※の通貨ペアもあります。そのため、多くの取引をしてもコストが少なく、効率的に利益を積み上げていけます。

松井証券のFX(MATSUI FX)では取引手数料も無料なので、コスト重視なら松井証券のFX(MATSUI FX)がおすすめです!
3レバレッジの倍率を自由に選べる

松井証券のFX(MATSUI FX)はレバレッジの倍率を自分で設定できます。そのため意図しない高さでのレバレッジを利用する恐れが少ないです。さらにロストカット基準も自分で決められるので、自分でロストカットをコントロールしやすいでしょう。

松井証券のFX(MATSUI FX)のデメリット

一方で松井証券のFX(MATSUI FX)を利用するには、次のようなデメリットや注意点もあります。
松井証券のFX(MATSUI FX)のデメリット
通貨ペア数がやや少ない
スワップポイントが平凡
1通貨ペア数がやや少ない

松井証券のFX(MATSUI FX)の通貨ペアは少なめです。もし自分が取引したい通貨があっても、松井証券のFX(MATSUI FX)で取引できない恐れがあります。

松井証券のFX(MATSUI FX)の口座開設前に、必ずどのような通貨ペアがあるのか確認しておきましょう!
2スワップポイントが平凡

松井証券のFX(MATSUI FX)のスワップポイントは、特に優れているとはいい難いところがあります。そのため、スワップポイントで収益をあげたい人には、物足りなさを感じることがあるかもしれません。

とはいえ特別悪いわけでもないので、スワップポイントを重視しない人には問題ないでしょう。

みんなのFX

みんなのFXのメリット
1,000通貨から取引可能
シストレバイナリーオプションが使える
取引ツールが豊富
11,000通貨から取引可能

みんなのFXでは、1,000通貨から取引できます。つまり、少額からFXをはじめられるのです。
 例えば、1ドル=100円のときに、1,000通貨の米ドルを購入するには、10万円が必要になりますよね。ただしみんなのFXでは25倍のレバレッジを利用できるので、4,000円から取引できるのです。

一般的なFX口座では、1万通貨以上の取引が通常であるため、数万円の資金が必要です。
しかしみんなのFXでは、数千円からFXを楽しめますよ!
2システムトレードバイナリーオプションを使える

みんなのFXでは、システムトレードバイナリーオプションなどの、便利ツールがそろっています。
システムトレードとは?
システムトレードとは、FXをシステムで自動的に行うことをいいます。

システムに自動で取引してもらうため、注文内容を入力したり、為替相場を分析しながら取引したりする必要がありません。
寝ている間でも、24時間FXに取り組めるのです。
 みんなのFXのシステムトレードでは、成果を出している現役トレーダーの取引を自動で行ってくれます。そのため自分が何もしなくても、実績あるトレーダー並みの成果を得られる可能性があります。
バイナリーオプションとは?
バイナリーオプションとは、ある通貨の為替相場がどれくらい「円安」になるか「円高」になるかを予測して、予測が当たれば利益を得られるサービスのことで、もともと「二進法」を意味しています。
みんなのFXのバイナリーオプションの特長は、次です。
みんなのFXのバイナリーオプションの特長
1,000円未満(50〜990円)で取引できる
予測が当たれば1,000円のペイアウト
結果最短2分でわかる
各種手数料はすべて0円

みんなのFXの、魅力的なサービスです!活用しなければ損!
\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/

3取引ツールが豊富

みんなのFXには、次のように便利な取引ツールが豊富です。
みんなのFXの取引ツール
FXトレーダー
WEBトレーダー
FXトレーダー・スマートフォンアプリ版


「FXトレーダー」は、みんなのFXが提供する、高機能な取引ツールです。ポイントをまとめると、次になります。
FXトレーダーのポイント
為替レートやチャートはもちろん、ニュースや注文画面などを1画面ですべて確認できる
画面レイアウトは、トレーダー自身が使いやすいようにコントロールできる

「WEBトレーダー」は「FXトレーダー」よりも、初心者向けによりわかりやすく使いやすい画面レイアウトにしたツールです。
WEBトレーダーのポイント
為替レートやチャート、ニュースなどの各項目が大きく見やすいようになっている
取引に必要な情報や項目が、すべてメニューにまとめられているため、取り出しやすい

「FXトレーダー」の高機能な分析ツールを、そのままスマートフォンアプリにしたのが、「FXトレーダースマートフォンアプリ版」です。
FXトレーダースマートフォンアプリ版のポイント
小さい画面でも、取引に必要な情報が整理されており、1画面でチャートを確認しながら注文ができる
移動平均性や一目均衡表などの、FXには欠かせないテクニカル指標が「FXトレーダー」と同じように活用できる

みんなのFXで取引するなら、欠かせないツールとなっています。
\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/

みんなのFXのデメリット

一方でみんなのFXを利用するには、次のようなデメリットもあります。
SBI FXトレードのデメリット
マーケット情報が少ない
スプレッドが広がる時間がある
1マーケット情報が少ない

みんなのFXでは、マーケット情報が少ないのが難点です。というのも、みんなのFX内で活用できるニュースツールが現時点では次の2種類しかないからです。
みんなのFXで活用できるニュースツール
FX WAVE
GI24

FXでは情報が大きく成果に関わるため、いろいろな情報サイトなどと提携して、リアルタイムの情報を得られる方がいいのは間違いありません。そのため情報源が2種類しかないのは心寂しいですね。

みんなのFXを使うなら、他の情報サイトを活用するのがおすすめです。
2スプレッドが広がる時間がある

みんなのFXのスプレッドはかなりの狭さであることは間違いありません。しかし、時間帯によって広がるおそれがあります。その具体的な時間帯は、AM5〜8時です。この時間帯だけ、スプレッドが開きやすくなっています。

そのため、スプレッドが気になるなら早朝の取引は、少なめにするのがいいでしょう。
\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/

みんなのFXはスキャルピングができる?

みんなのFXでは、明確にスキャルピングを禁止しているわけではありません。
FXにおける「スキャルピング」とは?
FXにおける「スキャルピング」とは、「数秒から数分といったごく短時間のうちに取引を完了させ、その繰り返しで利益を上げていく投資手法のこと」です。

スキャルピング」とはもともと「頭の皮をはぐ」ことを意味し、インディアンの風習からきていると言われています。
つまり頭の薄い皮を剥ぐように、ごく小さな利益を繰り返し積み上げていくのがスキャルピングなのです。
ただしみんなのFXでは、スキャルピングが公認されているわけでもないことに注意してください。みんなのFXの利用規約には、
「短時間で注文を繰り返し行う等、当社の価格形成を歪曲化し、他のお客様の不利益に繋がる行為」
が禁止行為として定められています。この行為に該当するかどうかは、みんなのFXの判断によるので、スキャルピングをするなら慎重にすることをおすすめします。
\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/

まとめ

本記事では、みんなのFXの特徴や評判を紹介してきました。その内容をまとめると、次のようになります。
みんなのFXとは、金融デリバティブ取引をオンラインで展開するトレイダーズ証券株式会社が提供するオンラインFXサービスです。
みんなのFXのスワップポイントは、かなり高い
みんなのFXのスプレッドは、かなり狭い
みんなのFXのメリットは、「1,000通貨から取引可能」「シストレバイナリーオプションが使える」「取引ツールが豊富」など
みんなのFXのデメリットは、「マーケット情報が少ない」「スプレッドが広がる時間がある」など
みんなのFXでは、明確にスキャルピングを禁止しているわけではない
みんなのFXは、FXトレーダーに使いやすいように徹底的にサービスを改善してきた会社です。FXデビューするなら、開設しておきたい口座となります。
\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/